NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
タウンモビリティステーションふくねこ6月のお知らせ
2017年05月30日 (火) | 編集 |
タウンモビリティステーションふくねこから6月のお知らせです。

6月のチラシ表面
   チラシ2017-6月_ページ_1 
6月のチラシ裏面
  チラシ2017-6月_ページ_2 

【運営情報】 
運営日:毎週木曜~日曜 11時~16時 
場 所:高知市はりまや町1-1-24(京町アーケード内) 
サポート範囲:はりまや橋商店街~大橋通り商店街、日曜市など 
事前予約・お問合せ ☎080-3923-2939 
          Mail:townmobility-kochi@softbank.ne.jp 

※台風等悪天候の時には、利用者や付添者の安全のためお休みにする場合が

ありますので、行事の有無をステーションにご確認の上、お越しください。 


【ステーションイベント情報】
 ● 童謡教室 毎月第2土曜日開催 
 10日(土) 13:30~15:00 
 こうち赤い鳥の会協力。懐かしい童謡をみんなで楽しく歌いましょう(^^)♪
  どなたでも参加できます。 参加費:無料

 ●まちのコミュカフェ 「ふくねこ」 
 1日・29日(木) 13:00~14:30
 17日(土)・18日(日) 福祉機器展出張版 13:00~14:30 
 出会いで「気づく」ことがたくさん!どなたでも参加できます。
 参加費:無料 

●手話カフェ  
 9日・23日(金)、休日版25日(日) 13:30~14:30 
 手話でのおしゃべりを一緒に楽しみませんか? どなたでも参加できます。
 参加費:500円

●脳卒中当事者交流会 脳☆天気
  22日(木) 13:00~14:30
  脳☆天気のポイントは、真剣さと笑顔のバランス!
 リハビリをお互いに学び、共有し共感の語り場!
 参加費:100円 

 ●「パティスリー・ラヴィエール」の洋菓子販売 
 毎月第2・4金曜 今月は9日・23日です。 
 就労支援事業所オーシャンクラブのパティスリー・ラヴィエール
 日替わりのケーキやクッキーなどの出張販売です。

 ●島ぞうりアートワークショップ 第1日曜日にお引っ越し 
 4日(日) 13:30~15:00 
 彫刻刀で文字やデザインを彫ってオリジナルサンダル制作。
 参加費1500円(材料費込み)※1週間前までに予約を。 

●いたわり住宅&空き家利活用無料相談会  毎月第4土曜日
 今月は24日(土) 11:00~14:00
 (公社)建築士会の女性建築士が、高齢者・障害者の住宅改修や新築、耐震改修
のご相談をお受けします。 ご予約いただき、図面や写真をお持ちくださればより
詳しいお話ができます。
 また5月より、空き家の活用方法、リフォームはもちろん、とにかく何とかしたい
など「お困りごと」のご相談を建築士会居住支援研究会メンバーがお受けします。 

 ●『がんともcafe』
  8日(木) 13:00~14:30 
 仲の良い友人が「がん」に・・・「どう励ましの声を掛けたら良いのかが
分からなくて困ったことはありませんか? 参加費:無料
 
●イングリッシュCafe 
 15日(木) 13:00~14:00
  Nicholas Cookさん(通称ニックさん)を囲み、珈琲を飲みながらコミュニ
ケーションを学びませんか? 参加費:500円

●ふくねこコラボエステ POLA&aimu 
 16日(金) 13:00~14:00
 ◆POLA◆ 男性にも大人気の「パラフィンハンドパック」 
  医療でも温熱療法に使われているパラフィン(ロウ)で手のお手入れ。
 しっとりぷるつやに。 1回:500円
  ◆aimu◆「足つぼオイルマッサージ」 
  足裏の反射区つぼ圧しから内臓へのアプローチを。その他のご希望でボディ
 ケア等他のコースも伺います。10分1000円~ 初回の方は500円オフ 

★ふくねこライブ はんやる はるや『ありがとう』
  24日(土) 14:30~15:30  参加費:無料
 普段当たり前に起きている小さな感謝を大事にしていきたい。ゆったりとした
 時間の中で一緒に楽しんでみませんか?

18678854_844652792383314_406513938_n.jpg 
 バンド「ヒゲンジツシュギ」のギタリスト

スポンサーサイト
5/27まちゼミ報告!
2017年05月27日 (土) | 編集 |
5月2回目の「まちゼミ」報告です!

高知大学コンパスとふくねことのコラボで「手作り楽器で交流会」と題していましたが、少し内容を変えて、参加者と学生がより理解を深め交流出来るようにと、学生の皆さんが考えてくれました。

今回の受講者は3名。タウンモビリティのスタッフや利用者で、脳性麻痺や視覚障害のある方でした。


まずは学生の皆さんに障害について知ってもらったり、車椅子の安全な操作の仕方、視覚障害の方の手引きの仕方などのレクチャーを行ってから、実際に街へ出掛けるサポートを体験してもらいました。車椅子のスタッフ梢さんも、視覚障害の利用者Hさんも、学生さんが学べる機会になればと協力してくれました(^_^)


実際に車椅子をこいでみると、こんなに緩やかな坂を上るのも結構大変!人に押してもらうと乗っている人の不安な気持ちも分かってきます。じゃあ、どんなサポートなら安心できるのかな?皆さんそれぞれに考えていました。


視覚障害のHさんが安心できるような声がけはどんな風にしたらいいのか、店頭に並ぶ商品を説明するのにどんな風に伝えたら分かりやすいかな?あれこれ考えて工夫してみてくれています。

その後は交流を兼ねて、折り紙を皆で折ってみました。視覚障害の方に鶴の折り方をどうやったら分かりやすく伝えられるのか?片手に麻痺のある方は折る時にどんなことが困るのか?など、実際に本人に聞いて教えてもらいながらサポートの体験をしていました。

特に視覚障害のHさんに言葉で説明したり、手で触って伝えたりするのは難しく、学生さんも悩みながらいろいろと方法を考えてはチャレンジしていました。そんな一生懸命な様子が伝わり、嬉しそうなHさんでした(^_^)



マッサージ師の仕事をされているHさん。一番頑張ってサポートしてくれた学生さん限定1名に、お礼にマッサージをしてあげていました。肩凝りが酷いという学生さんは大喜び!周りからも「いいなぁ~!」と羨ましそうな声が上がっていました(^_^)


まちゼミが終わる頃には、皆すっかり打ち解けて仲良しになっていましたよ。障害がある方に対しても、タウンモビリティの取り組みについても、理解が深まりイメージの敷居が下がったのではないかなと思います。
また気軽にタウンモビリティステーションにも立ち寄ってもらったり、ボランティア参加もしてもらえたらと思っています。
企画されたコンパスの皆さんもお疲れ様でした!楽しい時間をありがとうございました!(^o^)
「高知市中心市街地活性化基本計画策定検討委員会」に出席。
2017年05月25日 (木) | 編集 |
「高知市中心市街地活性化基本計画策定検討委員会」に出席して来ました。

昨年、タウンモビリティ事業を市の中心市街地活性化基本計画に盛り込んでくださったこともあり、委員として参加させて頂いています。経済、商店街、商業、観光、交通、文化、有識者の委員の中に初めて「福祉」分野の委員として、その視点が入ることになりました。これもタウンモビリティ事業を地道に取り組んで来たことが受け入れられ、成果を認めて頂けたからこそと、ともに歩んで来てくれた仲間に感謝しています!(^_^)
ひとくちに中心市街地活性化と言っても様々な課題もあり、まだまだ活用出来ていない可能性の部分も、ワクワクするようなこれから楽しみな魅力も、いろいろとあります。
それを進めていく中で、障害者、高齢者も訪れやすく、滞在しやすい、暮らすにも便利なまちを目指す視点の議論が出来るようになったことは、地道な一歩ではありますが本当に嬉しい進歩です。
委員会に参加の皆さんにも、現状でタウンモビリティステーションが取り組んでいる、福祉だけではなく、商店街活性化、観光のステーションとしての機能についてもお話しさせて頂いて、協力や連携のお願いもさせて頂きました。
委員の皆さんも取組みについて評価してくださり、福祉以外の事業を担っているならそれも市の事業として反映し応援していくべきじゃないかとのご発言も頂き、苦労が報われたような…前向きな気持ちになれました。
もちろん、まだまだ実現はこれからですが(^^;;
この活動を支えてくれている仲間がより関わりやすい体制にしていけるように、そしてこの活動を必要としている方がもっと利用しやすくしていくために、リーダーとして何があろうと歩みを止めずに道を切り拓いて行きたいと思います!
今日もうちにチラシを置いてもいいよ。宣伝の協力するよ。と言ってくださる委員の方もいらっしゃいました。そのお気持ちが嬉しい!感謝です!(^_^)
皆さん、タウンモビリティ事業の継続のために、ご無理のない範囲で応援とご協力をよろしくお願いします(^o^)
海外からの観光客も増えています!
2017年05月25日 (木) | 編集 |
今日の午前中のタウンモビリティステーション。
開所と同時に来客が来てバタバタ!

今日は県外からの観光客も、大型クルーズ船が来航し海外からの観光客も多いようです。
「〇〇ホテルはどこ?」
「ひろめ市場まではどうやって行くの?」
さっそく、道を訪ねてこられて地図をお渡しした方や、車椅子の利用希望もありました(^_^)

そして、今日は脳卒中の利用者さんがランチと買い物に出掛けるために、車椅子貸し出しとボランティアの付き添いを希望されています。2名のボランティアが来てくれます(^^)

5/14「手話カフェ」日曜日版を開催!
2017年05月14日 (日) | 編集 |
今日のタウンモビリティステーションでは「手話カフェ」日曜日版を開催しました。
なんと、参加者17名!(^o^)縦長のスペースゆえ、ぎゅっと詰まって参加して頂きました~(^^;;
今日のステーション常駐者は高知大コンパスの岩瀬くん。手話カフェのルール説明から、会の進行、書記まで務めてくれました(^_^)

講師の尾﨑さんを含めて聞こえに障害のある方は3名。参加者は手話を勉強中の方がほとんど。応援に、手話通訳の出来る篤子さん、高知大で手話を勉強している岩瀬くんの同級生も参加してくれて、お互いに会話の内容が伝わっていない人がいると気付いた人が必ず情報を伝えることを心がけて進めて行きました。

今日のテーマはやはり「母の日」
お母さん、〇〇でありがとう!と、参加者それぞれがおもう母へのメッセージを手話で伝え合いました。
お母さん、産んでくれてありがとう。一緒に買い物に行ってくれてありがとう。元気でいてくれてありがとう。いつも助けてくれてありがとう。などなど、共感できる感謝の想いが溢れていました(^_^)
さらに自分の家族構成も手話での表現を学びました。母、父、兄、弟、姉、妹、祖母、祖父、さらにさらに難易度が上がり従兄弟、親戚…え、じゃあ、ふたいとこは?めい、おいは??
勉強熱心な参加者からの質問責めに、精一杯指導してくれる尾﨑先生でした~(^_^)


あと少しで手話カフェも終了…と思ったところで、遅れて参加された方がいました。講師の尾﨑さんのお知り合いのようでした。

聞こえに障害があり手話もベテランの80代の女性。ゲートボールをして、ランチを済ませて自転車で立ち寄ってくださったとのこと。明るく手話でお話ししてくださり、突然ホワイトボードに得意の絵を描き始めたと思ったら、12の干支を手話でどう表現するか分かる?と講義が始まりました(≧∇≦)明るくてパワフルなお姿に、参加者の皆さんすっかりファンになってしまいました。ぜひまた次回もお越し頂きたいです(^o^)


手話カフェが終了した後も、参加者の交流タイムが続きます。思わぬご縁が発覚したり、お互いの情報交換をしたり、和気あいあいでおしゃべりが尽きないのも、いつもの恒例になりつつある楽しい時間です(^_^)

さて!来月6月の手話カフェ日曜日版は、6月25日(日)13:30~14:30です。ぜひ関心のある方はどなたでもご参加ください(^o^)
なお、平日は第2・4金曜日の同じ時間に開催です。こちらもぜひ参加をお待ちしています!(^_^)