NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
タウンミーティング オプション企画について
2011年01月28日 (金) | 編集 |
みなさん、こんにちは(^^)
まだまだ寒い日が続きますが、風邪等引いていませんか?

2011年のふくねこタウンミーティングも近づいて参りました!
今日はオプション企画のまち歩きに使う「色弱者の見え方を体験するメガネ」
のご紹介です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今回使用する「色弱者の見え方を体験するメガネ」
は正式には

「色弱模擬フィルタ(バリアントール)」  といいます。
variantor_photo_mini.jpg

色弱者の色の見分けにくさを一般色覚者が体験できる世界初のメガネ型特殊フィルタです。
今回講演していただく伊賀さんの所属するNPO法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
によって、「カラーユニバーサルデザイン・支援ツール」として認定されています。

(名前の由来)
色彩(vari,フィンランド語)豊かな社会の中で、多様性(variety,英語)ある色覚の人々が、安心して暮らせる社会を作るため、カラーユニバーサルデザインの門(tor,ドイツ語)を開きたい。バリアを取る(日本語)バリアントール。そんな願いを込めて名付けらたそうです。

参考ページ:色弱模擬フィルタ「バリアントール」の公式ウェブサイト(←クリック)

今回、このバリアントールを使って、まち歩きを行います。
見えづらい文字、見え方に配慮している看板など、いろいろ見えてくると思います。
体験することでカラーユニバーサルの必要性を知ってもらうことが目的です。

ちなみに…この開発には高知工科大学の篠森教授が関わられています!!
私も今回初めて知りましたが、なんだか親近感が沸きますね(^^)

当日のバリアントールの数には限りがありますが、交代で使い合い、この機会に多くの方に
カラーユニバーサルの必要性を知ってもらえたらと思いますので、ぜひご参加ください(^o^)/

◆お問合せは NPO法人福祉住環境ネットワークこうち まで
             TEL:088-855-4620 FAX:088-843-7582
             メールフォームはこちらをご利用下さい。



<投稿:岡本>
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック