NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
磁気ループの設置、医療との連携について
2011年11月18日 (金) | 編集 |
 
13日の講演会には、視覚障害をお持ちで難聴の方からの申し込みがありました。
慌てて対策を考え、高知市の障害福祉課から磁気ループをお借りしました。
しかし、初めてのことで設置方法が分からず心配でした。
当日はご主人と、盲導犬と一緒に来られました。
 
最初は設置してみても聞こえない・・・と、あれこれ奮闘しましたが、
使用している補聴器に磁気ループ対応の切り替えスイッチがあることが分かり、
「よく聞こえます!」との返答に、みんなで「よかったー!」と大喜び。
なんとか対応できてホッとしました。
 
また、講演後にも、嬉しい感想をいただきました。
「いつも関心のある講演やイベントに期待を膨らませて参加するけど、
内容が聞き取れず、帰りにはその気持ちがしぼんで落胆して帰る。
でも今回はよく内容が聞き取れて、気持ちがいっぱいに膨らんで帰れます。
本当に参加出来て嬉しかった!」
と、笑顔で(^^)
 
まちづくりに参加したい、イベントに参加したいという思いは同じなのに、
障害のためにその機会を諦めているなんて、それで仕方ないなんて、
それこそユニバーサルじゃないですよね?
 
磁気ループは、高知市障害福祉課で無料で借りられます。
高知市障害福祉課 TEL088-823-9378

また、今回はパソコン要約筆記の方にも来て頂きました。(有償ボランティア)

20111013 138 (写真:要約筆記の様子)
 
ハードのバリアもありますが、実は一番困るのは「情報のバリア」
 
喜んでくださった参加者の笑顔を見て、イベントを開催する際は、
本来は当たり前に準備しておかなければいけないものなんだと、
改めて感じた今回でした。
 
また、医療の立場では、高齢者のモビリティに取り組む
高知検診クリニックの脳ドックセンター長の朴啓彰(ぱく けちゃん)先生が参加してくださいました。
  
久留米では、商店街の中にあるタウンモビリティステーションで
看護師が血圧測定をしてくれるそうです。
山口市にあるタウンモビリティステーションでも、
日々の血圧記録をとったものを、かかりつけ医のいる診療所に行った時に
見せるという病院との連携も図っているそうです。
 
また今後の計画で、理学療法士が「まちの中の歩き方講座」を
足腰の弱った、転倒しやすい高齢者を対象に開催される予定とのこと。
まちの中にそんな魅力があれば、高齢者もまちに行ってみたいと
感じるのかもしれません。
 
朴先生もタウンモビリティに医療との連携の場を持つことに
関心を持っていらっしゃいました。
まち(在宅生活)と医療との連携の場・・・
タウンモビリティステーションの今後のヒントにつながればと思いました。
 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック