NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
6月のタウンモビリティ実施報告
2013年08月05日 (月) | 編集 |
6月のタウンモビリティ実施報告。
タウンモビリティの利用者は14名。スタッフ8名、学生などのボランティア18名の参加でした。
1月から月1回の実施が実現し、半年が経過しました。遠くは四万十町から障害者施設の方が参加してくれました。高知市内では、脳血管障害の当事者グループの方が数名、日頃から中心商店街の情報を流しているのを見てくださっていて、行ってみたいお店がある!と参加してくれました(^^)
 
sDSCN0149.jpg
運営事務局側として、いつも悩ましいのが学生ボランティアと利用者の方のマッチングですが、アンケートを見ると、それを超えて「楽しんで頂けてよかった」「ボランティアが親切に接してくれて楽しめた」など、お互いに認め合い、学び合ってくださっている様子が感じられて、皆さんの感性に助けられています。
  
sIMG_5062.jpg
街へ来れば移動のサポートがあるけれど、街へ出掛けて来るまでにバリアがある。公共交通機関は杖をついたり、車椅子の人には利用しづらいことも多い、介護タクシーを使うと何千円かかかってしまう・・・そうした意見が多いため、県社協の協力を得て送迎車を活用しています。それでも高知県は東西に長いため、1台の送迎車では限界があります。送迎の希望者が増えるたびに本当にこの活動の目指すところは・・・と、改めて考えなおさせられるいい機会になりました。(これについてはまた後日、お伝えします!)
 
sIMG_5951.jpg
タウンモビリティ運営委員会の仲間が、車椅子の背もたれ側にひっかけやすいバッグを手造りで作ってきてくれました。こんなアイディアも現場のニーズから生まれるんですよね!(^^)

sIMG_5029.jpg
今月も童謡教室は大盛況!皆さん、歌うことを楽しみに参加されています。何回か開催するうちに「次はこれも歌いたい!」「この曲も伴奏して!」とリクエストが増えてきます。音楽って本当に人の心を一瞬でひとつにしてしまうなぁと感じる瞬間です。活動に共感して協力してくださっている、NPO法人こうち音の文化振興会の北村真実さんに心から感謝します!!
 
sIMG_5049.jpg
そして、中にはステージ側に出てくる方も!「自分も歌いたい!皆さん、この歌知ってる?」こんな勇気も素敵な一歩ですね!いいぞ~!頑張れ~!聴いている皆さんも笑顔でした(^^)
 
sDSCN0165.jpg
こちらのトイレは、大橋通商店街の西詰めにある「メフィストフェレス」というカフェレストランのトイレの様子です。車椅子の方でも利用しやすいように、そしてデザイン性も素敵に改造されていて、利用された皆さんとっても喜んでいました。
 
sDSCN0162.jpg
こちらはカフェで会話と美味しいコーヒーを楽しんでいる様子。こんなお店の情報が欲しかったんだぁ!ボランティアさんの配慮も細やかで、気兼ねなくランチを楽しめたよ!
それはとても大きな発見だったようでした。何よりも今まで自分たちは排除されていて不便だから行きたくないと思っていた場所に、「また街へ出掛けてきたい!」と思ってもらえるようになっただけで、私たちスタッフも心から嬉しい瞬間でした。
 
そして嬉しかったのは、参加してくれた学生ボランティアの皆さんが「楽しかった!また参加したい!」と、次の参加予約までしていってくれました。この活動の意味をまた新たに実感した瞬間でもあります。
 
中心商店街に常設の拠点「タウンモビリティステーション」が出来るまで、現場で感じていることを発信し続けたいと思います!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック