NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
7月13日のタウンモビリティ実施報告
2013年08月05日 (月) | 編集 |
7月13日のタウンモビリティ実施報告です。
すでに暑い日差しの高知。利用希望者の方の、熱中症対策に心がけました。暑さのためもあってか利用者は7名。スタッフは8名、ボランティア10名の参加でした。
 
s20130713_082824.jpg
車が大好きなKくんも参加。顔馴染みになった運転手さんとも話が弾みます。
あ!今日はこんな車が通ったよ!と、送迎車で街へ向かう時間も楽しくて仕方ないK君なのです(^^)
 
sDVC00289.jpg
そして今回は身体障害と視覚障害をお持ちの男性が、勇気を持って一歩を踏み出して参加してくれました。今まで、障害を持ってから近所へしか出掛けたことがなかったようですが、今回ははるばる四万十市から人との交流を楽しみに参加してくれました。その一歩で世界がが変わること・・・そんな人が増えるように、そんな一歩を踏み出せる人の応援も、タウンモビリティが出来ればと思っています。
  
sIMG_6476.jpg
タウンモビリティを利用される方とボランティアさんが「はじめまして」の会話がてら、てんこすの美味しランチを一緒に楽しみました。最初はボランティアも緊張していましたが、だんだん会話が弾んできます。
 
sIMG_6473.jpg
スタッフの一人が準備してくれた保冷剤と氷、タオルの数々・・・楽しい、自分が来たいからこの場所に来ているという利用者の皆さんも、時折気を遣わせないように笑顔で大丈夫と言いながら、暑さで汗を流し、体力が奪われている様子にヒヤヒヤしていました。
 
sIMG_6474.jpg
あまりの猛暑に、会場を提供してくれている「土佐セレクトショップてんこす」さんも、冷水をサービスで提供して下さいました。有難い!スタッフも、利用者も十分に活用させて頂きました。
その優しさには感謝しながら、高齢者や障害者など体力的にも弱い立場の方に、暑さ寒さや雨風をしのげる場所を中心商店街に構えることの必要性を痛感させられました。
 
sDSCF4986.jpg
タウンモビリティの利用者の人気ナンバー1は、大丸の物産展フェアですね(^^)
利用者の中には、毎回タウンモビリティの時期に大丸で何のフェアがやっているのかをチェックしてから来られる方もいるほどです。そして、クーラーの効いている中での移動は身体にも負担がありません。
 
sIMG_6501.jpg
今日も童謡教室は大人気で暑い中、たくさんの人が楽しみにして集まっていました。
その中で思わぬサプライズが!7月が誕生日の私のために皆さんでお祝いをしてくださったのです!暑い中、笑顔で祝ってくださって、本当に心から感謝です。忘れられない日となりました(^^)
 
sIMG_6491.jpg
そしてまだまだ歌は続きます♪
皆さん、1時間半は休まず歌うほど、歌が大好きです。昔からの童謡曲も「えー?これ知らん!」と言う人に皆が優しく教えてあげて、最後は一緒に歌えるようになっています。
 
sIMG_6480.jpg
この童謡教室は、口コミで人気が広がり飛び入り参加のミュージシャンの方も!そして通りすがりの一般の方も!自由に参加してくれます。今回はフルート奏者の方が参加してくださって美しい音色に皆さん、ウットリしていました(^^)
 
タウンモビリティの目指す効果を広く知って頂くために、音楽の力も借りながら、地道に頑張っていきたいと思っています!(^^)
ボランティア参加のご協力、寄付金のご協力、どちらも有難く受付しております!
皆さん、この活動の応援をよろしくお願いします!!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック