NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
7月27日のタウンモビリティ実施報告
2013年08月05日 (月) | 編集 |
7月27日は初の試みで、中心商店街で毎年7月に開催されている「土曜夜市」でのタウンモビリティを実施しました。時間も18:00~21:00と夜間の開催は初めてでした。
利用者4名、スタッフ7名、ボランティア12名の参加でした。
sIMG_6636.jpg
 
sIMG_6637.jpg
街は出店もたくさんあり、賑わっています。車椅子で通るのは一瞬戸惑ってしまうほどです。

sIMG_6630.jpg
実施前には、毎回ボランティアの皆さんに心構えや車椅子の安全な移動のサポートの仕方などのレクチャーを行っています。
 
sIMG_0257.jpg
利用者の皆さん。人混みの中でもボランティアがついてくれたら安心して楽しめると、笑顔で出掛けていかれました。ボランティアの感想「意外と車椅子が通っても配慮してくれない人も多い」「手で遮って守っていても当たってくる人もいた」そんな現実に驚いた。自分がサポートする立場になって初めて不安になる気持ちに気がついたという学生もいました。
 
sIMG_0251.jpg
Tさんの今日の目的は土曜夜市を楽しむことと、お気に入りのEXILEのCDを買うこと!CDショップの方も慣れてきて車椅子で入り口まで行くとサッとスロープを出してきてくれます。目的にCDを買うことが出来て上機嫌のTさんでした(^^)
 
sIMG_0267.jpg
そして、ひろめ市場で美味しいゴハンとお酒を堪能。もちろんスタッフはノンアルコールビールでお付き合いしました。学生さんも会話を楽しんでいました。
 
sIMG_6642.jpg
楽しすぎて終了時間になっても帰ってこないグループも(^^;
やっと戻ってきて皆さんにアンケートを書いてもらうことが出来ました。楽しかったぁ!と一様に笑顔。車椅子の生活になって、まさかお祭りに参加出来るなんて思ってもみなかった。不安もあったけど出掛けてきて良かった!!
その言葉にボランティアさんも、私たちも楽しかったです!と喜んでくれていました。
 
sIMG_6641.jpg
まだまだ余韻が冷めずに、タウンモビリティステーションでおしゃべりが始まりました。また次回も来るからね!と予約して帰られた方も。いつもより短いタウンモビリティ実施時間でしたが、皆さん充実した笑顔で帰って行かれました。
今回の体験では人混みの中、お祭りの中で実施する難しさも感じました。スタッフで反省会を開いて、出来るところは中心商店街にも協力を求めていきながら、次回に生かして行きたいと思います。
 

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック