NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
2006年12月NPOでの住環境アドバイス
2007年11月27日 (火) | 編集 |
数ヶ月前に、障害を持つ子供さんの将来を考えて、新築を検討されているご夫婦から相談を受けて、障害に応じて、またその後の成長に配慮してどういった住環境の配慮が必要なのかなど、アドバイスをさせていただきました。今回はNPOとして相談に対してのアドバイスのみでしたが、最近その住宅が完成したとのことで、ぜひ見に来て欲しい!と連絡をいただいて伺ってきました。(施工は彩ホームプロジェクトさんです)

Kochan4段差も少なく、壁側には腰掛けて靴の着脱動作が出来るベンチを設置。土間を広めにとって、車いすなどの移動も楽に出来るようになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Kochan2腰掛けられる高さの和室。広いLDKの床はコルクカーペットになっており、子供さんが寝転がったり這ったりしてもやわらかくて安全です。床暖房も使われていて素足でも気持ちのいい空間になっています。
 
 
 
 
 

Kochan3立派なキッチンからは、子供部屋の様子も見えるようになっていて安心ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kochan1廊下から洗面脱衣、トイレ、浴室への移動も広めの引戸で有効開口をゆったりとっています。
 
 
 
 
 

全体的に木の暖かみが感じられ、明るい家になっていました。
子供さんの成長に応じて変化も必要だと思いますが、健やかに幸せに成長されますように、私たちも願っています(^^)
 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック