NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
ユニバーサルな『街なか進出拠点』〜移動弱者の活力を地域の賑わいに〜
2017年02月15日 (水) | 編集 |
2月13日。
NPO法人地域ケア政策ネットワーク主催の「地域福祉ニーズにマッチした居住環境整備を進めるための研修」の中で、国交省OBの桑田俊一さんの特別講義がありました。
16730114_1179365505494210_8410619969927169402_n.jpg 
ユニバーサルな『街なか進出拠点』〜移動弱者の活力を地域の賑わいに〜と題した講義の中で、最初は高知のタウンモビリティの取組みについても桑田さんからご紹介してくださるということでしたが、
「笹岡さん、せっかくだから熱い想いをご自分で語りに来ませんか?」とお声掛け頂いて、急きょ桑田さんの講義時間の中で30分ほど頂いてお話しさせて頂きました。
16708390_1179365488827545_2491867767183160857_n.jpg 
受講者は全国から行政関係で福祉、建築などまちづくりに関わられている部署の方が多く、高知県の住宅課から来られている方もいらっしゃいました。
16730662_1179365472160880_682664866142846488_n.jpg 
他の講師の方のご発表も、国交省、厚労省とも今後の施策の方向性など、まだ案の段階の情報先取りで大変なボリュームの資料も頂けて、勉強になりました。また北海道本別町の取組みも、積極的に活用できる事業助成を取り入れながら地域性を活かした活動をされていて大変参考になりました。

厚労省の地域福祉専門官の方も、高知のタウンモビリティの取組みを評価してくださり、一度高知に見にいきたいと言ってくださっていました。このご縁をしっかり地元へ持ち帰って生かしていくぞ!とピンチをチャンスに変えて行きたいと思います(^_^)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック