NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
5/14「手話カフェ」日曜日版を開催!
2017年05月14日 (日) | 編集 |
今日のタウンモビリティステーションでは「手話カフェ」日曜日版を開催しました。
なんと、参加者17名!(^o^)縦長のスペースゆえ、ぎゅっと詰まって参加して頂きました~(^^;;
今日のステーション常駐者は高知大コンパスの岩瀬くん。手話カフェのルール説明から、会の進行、書記まで務めてくれました(^_^)

講師の尾﨑さんを含めて聞こえに障害のある方は3名。参加者は手話を勉強中の方がほとんど。応援に、手話通訳の出来る篤子さん、高知大で手話を勉強している岩瀬くんの同級生も参加してくれて、お互いに会話の内容が伝わっていない人がいると気付いた人が必ず情報を伝えることを心がけて進めて行きました。

今日のテーマはやはり「母の日」
お母さん、〇〇でありがとう!と、参加者それぞれがおもう母へのメッセージを手話で伝え合いました。
お母さん、産んでくれてありがとう。一緒に買い物に行ってくれてありがとう。元気でいてくれてありがとう。いつも助けてくれてありがとう。などなど、共感できる感謝の想いが溢れていました(^_^)
さらに自分の家族構成も手話での表現を学びました。母、父、兄、弟、姉、妹、祖母、祖父、さらにさらに難易度が上がり従兄弟、親戚…え、じゃあ、ふたいとこは?めい、おいは??
勉強熱心な参加者からの質問責めに、精一杯指導してくれる尾﨑先生でした~(^_^)


あと少しで手話カフェも終了…と思ったところで、遅れて参加された方がいました。講師の尾﨑さんのお知り合いのようでした。

聞こえに障害があり手話もベテランの80代の女性。ゲートボールをして、ランチを済ませて自転車で立ち寄ってくださったとのこと。明るく手話でお話ししてくださり、突然ホワイトボードに得意の絵を描き始めたと思ったら、12の干支を手話でどう表現するか分かる?と講義が始まりました(≧∇≦)明るくてパワフルなお姿に、参加者の皆さんすっかりファンになってしまいました。ぜひまた次回もお越し頂きたいです(^o^)


手話カフェが終了した後も、参加者の交流タイムが続きます。思わぬご縁が発覚したり、お互いの情報交換をしたり、和気あいあいでおしゃべりが尽きないのも、いつもの恒例になりつつある楽しい時間です(^_^)

さて!来月6月の手話カフェ日曜日版は、6月25日(日)13:30~14:30です。ぜひ関心のある方はどなたでもご参加ください(^o^)
なお、平日は第2・4金曜日の同じ時間に開催です。こちらもぜひ参加をお待ちしています!(^_^)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック