NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
2007年4月定例会(AED講習会)
2007年11月27日 (火) | 編集 |
3月12日。ふくねこ(福祉住環境ネットワークこうち)の定例会として、高知赤十字病院救急部の島津Drに、AED(自動体外式除細動機)の操作方法など、教えていただきました。
 
Teirei1AEDを設置してある箇所が増えているのは目にするものの、中身がどうなっているかが分からないと、いざという時に触れるかと言われたら、躊躇してしまうなぁと思っていました。島津Drの指導のもと、実際に触ってみると「なんだぁ~。」と思うほど、簡単。しかも、患者さんに対して電気ショックが必要かどうかの判断は、AEDがしてくれるのです。電源を入れるところから、機器のアナウンスに従えばいいだけになっています。
  
Teirei3参加した皆さんも、すっかりAEDの操作に自信がもてた様子でした。でも、大切なのは、それまでに人工呼吸、心臓マッサージを行うことなんですね。その練習は必要だと感じました。皆さん、改めて、正式に救命救急講習を受けてみたいと思われたようでした。「ふくねこ」でも受講したいと思います。
 
 

また、島津Drおすすめの「安全なママチャリ」も紹介してくれました。大阪のランドウォーカー㈱というメーカーが開発したユニークな自転車です。前輪が二輪になっていて安定していたり、段差を超えるにもサスペンションが効いていて、ショックが少なく走れます。実は、数年前に自転車に乗っていて原付バイクにはねられるという交通事故に遭ってから、怖くて自転車に乗れなくなってしまった私も、もしかしてこれなら乗れるかも?と期待しています。画像は、島津Drが実際に使われている自転車です。Teirei2
 
 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック