FC2ブログ
NPO法人福祉住環境ネットワークこうち(愛称:ふくねこ)の日々の活動をお伝えしていきます。皆さん、応援してね!(^^)
JINRIKIを活用して車椅子で高知城へあがるサポート!
2018年04月15日 (日) | 編集 |
◆JINRIKIを活用して車椅子で高知城へあがるサポート!◆
3月に、大阪からご家族で高知へ観光に来たいという方から「父が肺高血圧症で24時間酸素ボンベを携帯しているが、高知城へあがりたいのでサポートをお願いできないか」と電話で問合せがありました。
「大丈夫ですよ!けん引式車椅子補助装置JINRIKIという車椅子を人力車のように引いて坂道をあがれる道具がありますのでサポート出来ます。協力してくれるボランティアを呼び掛けてみますね。」とお伝えし、何か他に不安なことはないか、行きたい場所はないかなどもお話を伺いました。
そして4/15(日)当日!心配していたお天気も回復し、ボランティアも訪問看護ステーションI AmのPT、OTさん、土佐リハビリテーションカレッジの学生2名、高知大「コンパス」から3名、さわやか高知のOさんと、心強いメンバーが集ってくださり、JINRIKIの簡単な操作方法をレクチャーして準備万端!待ち合わせ場所の高知城追手門へ向かいました。

観光ボランティアガイドさんにもお願いして、説明を聞きながらスロープであがれるルートを選んでスタートしました。途中には砂利道も石が凸凹しているところ、急勾配の坂道もありましたが「乗り心地は快適ですよ」と安心した笑顔で景色を楽しんで頂くことが出来ました。JINRIKIを使えば本丸まであがることが出来ます。



流石に天守閣へは急勾配の階段もあるためお体にも負担がかかるので、他のご家族は見学されましたがご本人は私達と景色を見ながら外で待っていました。その間にいろんなお話をしてくださり、若い頃から旅行や登山が好きで全国各地へ行かれたこと、病気を発祥してからも行けるうちは旅行に行きたいというご希望があり、今回は娘さんが2日間の高知旅行を無駄なく楽しめるスケジュールで計画してくれたことなど・・・ボランティアとも和やかな時間を過ごせました。
たっぷり2時間半ほどの高知城観光を堪能されて「こんなにしんどい思いもなく楽に高知城にあがれるとは思ってもみなかった。本当に助かりました。」と喜んでくださり、ご家族も「車椅子だけ借りても自分たちで押してあがるのは大変だと思っていたけど、こんなサポートが受けられるとは知らなかった。本当にありがとうございました!」と最後まで何度もお礼を言ってくださっていました。また高知に旅行に来られる時に、再会出来ることを楽しみにしています(^^)

高齢になっても、重い障害があっても、誰もが出掛けたい場所に当たり前に出掛けられる。その実現のためのタウンモビリティを、そしてそんな体験がまた次への意欲や心からの笑顔につながることを、お出掛けを諦めている多くの方に知って頂きたいと改めて感じました。サポートする側も多くの学びがあるタウンモビリティ。これからも本当に必要としている方に届くように発信していきたいと思います!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック